デパスorエチラームの概要

デパスとは精神安定剤の一種で、主に神経症やうつ病の治療に用いられます。不安・緊張・抑うつ・神経衰弱症状・睡眠障害・心身症などの症状を、精神を落ち着かせる事により和らげます。1984年に発売されて、精神系神経系の安定剤としては最も有名であると言えます。デパスにはジェネリック医薬品(特許期間満了の医薬品を他社が同じ成分で作った医薬品)が多数発売されています。セデコパン・エチドラール・アロファルム・エチカーム・エチセダン・グペリース・サイラゼパム・デゾラム・カプセーフ・デムナット・ノンネルブ・パルギン・メディピース・エチゾラン・モーズンなどこの他にも多数あります。他社がこれだけデパスと同じ成分のジェネリック医薬品を開発するという事は、デパスにはそれだけの効果があって重要がある事を証明していると言えます。そしてデパスのジェネリック医薬品の中でも最も注目されているのが「エチラーム」です。ジェネリック医薬品の一番のメリットは、もともとの医薬品(ここでいうとデパス)に比べて開発費用を抑えられる事ができるため販売価格も安いというところです。多数ある価格の安いジェネリック医薬品の中で何を基準に選ぶかとなると、やはり安心できる大手製薬会社の医薬品が選ばれる傾向があります。「エチラーム」はインタスファーマ社というインドで第4位とされている製薬会社のジェネリック医薬品ですので、価格と安心を兼ね備えた「エチラーム」が高い人気を誇っています。日本ではまだジュネリック医薬品の使用率が低いですが、欧米では使用率はとても高いです。アメリカではジュネリック医薬品の使用率が90%を超えています。同じ成分を使った医薬品を低価格で買えるわけですから使用率は上がって当然と言えます。日本でも徐々に使用率は上がっています。